無法タニラーの植物観察記

2014年8月~自宅にて多肉観察中

愛犬の話~先天性右心不全と腹水~

久しぶりにブログ書き始めたかと思えば、いきなり多肉から脱線するのだが記録用、そして同じ柴飼いの人や先天性疾患を持つ犬の飼い主の役に立つ事があれば…ということで記事にする もともと柴犬は日本の天然記念物だっけ。 国の認める犬というだけあって、日…

ティランジアの花姿

昨日の更新にてちらっと書いたエアープランツの開花。 今年もつぼみの状態のpicはあまりなく、これというpicでもない。 けどまぁ記録用というか、親ばかなもんでかわいいので記事にしてみる まずはコットンキャンディー これに関しては見るのは2度目。 名前…

6月廃人。

どうも。お久しぶり。とめです。 しばらくInstagramの更新に勤しんでいた。 というのも、こちらだと自分がどの記事にどの多肉をアップしているのか、自分の適当なタイトルセンスのせいで見失い見返すことが困難だからだ。 自業自得。 その点、Instagramでは…

プラ鉢の多肉たち

白銀の舞 去年に引き続き2度目のお花❀ 瀕死からここまで再生した乙女心 後ろにピンボケしているブロンズ姫はずっと暴れっぱなし 月影交配 双子どころか三つ子だったんだけど1つは外してもう1つはどうしても外れなくてこんな感じに… 夏が来る前に外したいとこ…

寄せ植え色々とその他の多肉

寄せ植え色々してきたけど、缶も含めて1番気に入っているのがこれ。 貰い物のリメ缶に自分の育ててきた多肉や貰ったものを。 新芽って可愛いよね。 引きで見るとこんな感じなんだけど、カットした多肉も弱った多肉も寄せ集めたって感じの鉢。 こっちも。 手…

ちょっち前の多肉

去年だったか、おととしだったかに此処へ吊るしてから放置しているリメ缶の寄せ植え。 まぁまぁ可愛い姿なんじゃないかと思うんだけど、上へ延びてしまっているので降ろして観察したくとも多肉が傷つくのが怖くて降ろせなくなっている。 予想外。 初めてのバ…

公園と桜とサボテンと

桜が散ってから1月ほど経過したけれど、久しぶりの更新だし少しだけお付き合いを。 日曜日も隔週、時には連続して仕事があるオットが休みだったので大きな公園へ。 バスケットボールを持参したのだが、遊んでもらえず拗ねた息子。 普段はこんなにアゴが突出…

公園日和。

失敗。 桜が咲いたね。 子どもと公園へ行った際にここぞとばかりに桜を撮って来た。 なかなかのプリケツ。 バランスバイクを購入してからまだ1年経っていないけど、サイズアウトも目前。 タイヤも溝がなくつるつるになってきている為、ヘルメットは絶対だ。…

忙しなく撮った多肉

窓際のブルーバード すぐそばの ペンデンス この窓のすぐ下側に愛犬のケージがあるものでこうして毛をキャッチするのも茶飯事。 魅惑の月 年明けに暇潰しで行ったレンタルショップ。 観たい映画などない時には定番のアニメを一気に観たりするが、その時目に…

相対性理論

とめは自分自身の事がよくわからない。 何故って理由はこれ。 このpic、何かの花芽が撮りたかったのはわかるけどサビサビのSeriaピックが主張しすぎではないでしょうか。 人によっては汚いと感じるレベル。というか奥のアヒルさんの顔が自分の顔に見えてくる…

室内の多肉たち

アロエ ヒスイ殿(翡翠殿) 仕事終わりにふらっと寄り道した先で狩ったアロエだけど、コンパクトサイズだし他にもいろいろ買物をした事で2日ほど自転車のかごに置きざりになっていた。すまんアロエ。 ※閲覧注意※ カランコエ ミラベラ/ベラドンナの花を撮ってい…

悲惨な多肉と春のアレンジ

我が家のアレンジ。 勿論、アレンジなんて自分で出来るほどハイセンスなはずもなく買ってきた花をそのまま無理やりに同じベースへ挿しただけの事。 だからこの通り、ぎゅうぎゅう。 梅なのか桜なのか桃なのかよくわからないままに購入した。 ただし、この白…

荒ぶる多肉

毎年春になると涙を流すオットとその親戚たち。 花粉症は遺伝性ではないだろうに「やっぱりあなたは私に似たのね」「さすがは兄弟よね」などと語りあう義家族たちを尻目にとめの血筋も8割は花粉症発症しているのだけどと心の中で思っている。 そしてここ最近…

新しい風

2016年に入ったのはもう3か月以上前なのに、新年度が今というのはおかしな感じだ。 海外では秋に入学式をすると聞いたが真相は知らない。ただ、学生の時分にはとてもうらやましく思い実際に高校では春と秋の2回入学式をするところへ転入。 転入前後どちらも…

多肉狩り

プリドニスクリスエックス バイネシー フリーダカーロ プリラータ 聞いたことのない名前の苗が多数あったため、狩った。 名前から勝手に推察出来る範囲だけど、花うららの交配だったりアガボ系や青い渚だっけ?なんかその近縁種のようだ。よくわからんが気に…

春を感じる多肉

小人の祭りを撮ろうとしたら何やら足元のぼろい土にピントが盗まれた。 この土は狩った時からのものなので配合などはよくわからないが、ぱさぱさしている。 ぱさぱさといえば、年末行って以来放置していた髪の毛をカットして来た。 変だ。非常に変だけどごま…

たまには違う植物も

ここのところ体調を崩している。 具体的に何がどう悪いという事はないのだが眩暈が終わらない。吐き気をもよおし立っていられない。 かといって寝ころべば緩和されるかといえばそうでもない。意外としんどい。 というわけで今回は癒し系のpicを選ぶ。 小川の…

寄せ植えの経過

名前は忘れたがプレミアムトミカというものを買った。 なるべく子どもの欲しがるものは買い与えるようにしている為、休日一緒に出掛けると何かしらのトミカが増える。 ちなみにトミカ横の小さいのはゴミ収集車。 トミカには入浴剤もあってねぇ…1度の入浴にあ…

小田原へ行った

雲1つない休日。 寝起きすぐの空は薄曇りだった為行先を変更するか否かで悩んだが、行って決めればいいかと投げやりに出掛けた。 行先はこのブログで何度か登場した? 小田原フラワーパーク。 このアイアンドームたちいっぱいの鶴バラ、手前から奥へかけて順…

正誤完全無視の多肉たち

アガボイデス 花芽がすさまじいよねアガボイデス系。 ワーテルメイエリー これの正解がいまいちわからないし、土かぶりすぎて汚く見える。 バロンボールド こぶエケの何がいいのか説明できないし、実際にアップで見ると気持ちが悪いと感じるんだけど…何とな…

南向きな多肉たち

本日も乱雑な我が家の多肉たちをアップするけど、閲覧注意とか書くべき? どうでもいいか。 いつの間にか延びきってしまった魅惑の宵。 頭部カットして右側に、左奥は胴体。 かなり小さな芽が見え始めたのでほっとしている。大体胴体カットは失敗するのが我…

花芽と仔とベイビーと

先日から目が痛い。痒いのではなく、痛い。 花粉症患者が周りに多数いるために経験者の話を有難くお聞きしているが、こすりすぎて痛いとか目玉を取り出して洗浄したい!という悲痛な叫びは聞こえど何もする前から痛いという訴えはない。これはとめの周囲だけ…

適当管理の多肉いろいろ

先に書くけど、今日は写真多いっす。 何でって理由も特にないけどいつもより撮ったものが細かくて記録用のようになってしまったから…デス。 白牡丹 花芽ちら見せな小悪魔多肉。 セダム色々。 ダシフィルムとかレッドベリーとか アカプルコゴールド 姫笹 これ…

仕立て直した寄せ植えの経過

年度末という事で現在のクラスで過ごす時間もあと少々。 そんな子どもが1年間使ったスケッチブックを持ち帰ったので中身を一緒に見た。 「これは何?」と聞いたものの中でも1番驚いた回答は「これはママの好きな多肉!」というもの。 リビングにある大きな大…

トミカと多肉と

ここ植物がメインのブログなんだけど、子どもの趣味もたまには。 トミカの初回限定カラーらしいS660のレーシングイエロー。 こういった限定に興味はなく、たまたまあれば買うくらいの気持ちでいるのがとめ。オットは真逆で限定であったり希少な種類に飛びつ…

ビークスパイダー

昨日の記事にて「パンクチュラータ」と表記したものは「エルネスティ」でした。ごめんなさい。 名札挿しているのと挿していないのとあるけど、こうやって間違えるのもブログの恐ろしいところだわ。本当すみません。 春になると何かと忙しない。 仕事にしろプ…

寄せ植えのちび鉢など

三寒四温とはよくいったもの。 暖かいを通り越し暑いくらいだった数日前に対して朝晩はやはり寒い。ストーブをしまえる日は果たして来るのだろうかと思うが、冷房を使わない日などこの先ないのではないかと震えた夏の日を想えば絶対に終わるのだろう。 イン…

Seria商品ばかりの我が家デス

カランコエ 胡蝶の舞だか胡蝶の舞錦だかわからない個体の花芽。 レントゲンのような写真となったが、朝陽の角度がどんどん移ろうこの季節に狙った時間に写真を撮るという事は難しい。 何故ならばとめという人間は寝坊助だからです。 久しぶりの更新だし色々…

サボテンの花芽

やばい。 やばいという言葉を封印してきたはずが、今日ちょっとしたアクシデントに対してついつい「やばい」と言ってしまった。 とめ自身がやばいんだわ。やばい。やばばい。 毎日咲くのを愉しみにしている花芽。 こうして並べると何だか差がないように見え…

ど疲れさん

三寒四温とはよく言ったものだ。 先日の暖かさとは打って変わり冷たい雨。そして本日はどんより曇り空。気持ちも滅入る。 とはいえ、春が近づくのは何だか嬉しい。と同時に焦燥感もあるけど。 ディフューザーは早々と桜の香りにしている。 高価なものを置い…

see you again!