無法タニラーの植物観察記

2014年8月~自宅にて多肉観察中

眠い

f:id:tome29:20160205211426j:plain

私が多肉にはまるきっかけとなった多肉はこれだろうと思う。

グラプトベリア 白牡丹

 

グラプトペタルムでいいじゃないかよぅと思うところでもあるけれど、何だったかと何だったかの交配なんだそうだ。

これを使った交配種が昨日のマーガレットレッピンだという説もある。まぁ似ていると思えば似ているし、似ていないと思えば似ていない程度なので親戚という事にしておく。

 

 

我が家の中でもトップクラスの儚げな多肉

f:id:tome29:20160205211627j:plain

エケベリア 月影

エレガンスともいうやつ。

 

これ、かなりしたたかな多肉で意外とというかかなり強い。

他のエケたちが氷漬けになり、コチレドンやクラッスラが鶏皮のように干からびてしなびていく中でもこのままでいたほどだ。

 

すぐ隣の鉢は多肉界屈指の剛健属、セダムから

f:id:tome29:20160205211756j:plain

サンライズマム。

 

けれどこの多肉はセダムかどうかも怪しんでしまうほどに弱い。

エレガンスと同じ環境下ではすぐに☆になるであろうほど弱い。

 

か弱いというと聞こえはいいのかもしれないが軟弱な種類だと我が家では認識しているため、数日前から屋内避難させている。

明日からまた寒くなるらしいではないか。ぶるぶる。

 

 

サンライズマムの近く

f:id:tome29:20160205211938j:plain

サブセシリスの色が何だか変わっている。凍ったのか、しもやけかもしれないと冷や冷やしてしまうカラーリングであるが、ここから動きがないところを見ると昇天したわけではなさそうなので良しとする。

うちでは「生きてりゃオッケー」が家訓のようなもんです。無法タニラー唯一無二の法律。

 

 

 

1週間のうち金曜日と土曜日は特に疲れる。

会社に行けば他の曜日と大差ないどころか忙しいのだが、そこへ至るまでの道に休日であろう家族やカップル、友人同士でやたらと横に広がり歩く若者。更には睡眠妨害以外の何物でもない夜遊び連中が家の外でやかましい。

寝不足から疲れやすく、人の幸福(休日というだけで羨ましいのだ)が面白くないというメンタルへの攻撃。これのせいで週末は元気がないとめなのであった。

 

ねむっ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 

 

see you again!