読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無法タニラーの植物観察記

2014年8月~自宅にて多肉観察中

無法タニラーですから

3週間前、多肉ではなくバラ園にてバラを買った。

f:id:tome29:20160218164013j:plain

というか、オットがくれた。

1束300円という値段で簡単なアレンジで売られている。とめの地元は’ばらのまち’というのにこうしたところがなかったのが気がかりだ。

 

そんな事はおいといて、3週間も経つのにこんなにも元気なバラ。

これに相反するものを今日はアップしようと思う。

 

f:id:tome29:20160218164340j:plain

ドライかよと突っ込みたくなるような状態のグスト(森の妖精)。

これは先月の大寒波の際に追った凍傷のようなもの。茎はふにゃふにゃとはいかないのでまだ望みはあるだろう。

 

あまりの衝撃にぶれたコンパクツム。

f:id:tome29:20160218164529j:plain

かなり気に入っている種類だったのにこのありさま。

こちらも茎はわりと元気そうなのでまだ望みは捨てていない。

 

f:id:tome29:20160218164640j:plain

ジュリア

エケベリアの中でも訳の分からない種類だ。

大きな葉姿、パリダに近いものがあるが葉だけ見るとパリダよりも厚さがある。そして寒さにも若干強い。これが葉の厚さと関係あるかどうかは知らん。

 

また、水の加減がどうとかいう記述を見るエケベリアも多い中、無法タニラー得意の放置プレー故か?締まる事もダレる事もないこのままの状態でいた。

けれど寒さでチアノーゼのような色になった。辛い。

 

 

f:id:tome29:20160218164900j:plain

大好きだったクラシハマタ

意外と地味な部類に入るこの苗だけど、絶妙なパープルと常に上向きな姿に元気を貰う事も多々あった。

クラッスラという事で寒さに弱いだろう事はわかっていたのに取り込むのが遅かった。もう復活はなさそうだけど名残惜しくてこのままにしている。

 

こちらはセネシオ。

f:id:tome29:20160218165033j:plain

グリーンネックレスやピーチネックレスなどはまだ外で頑張っているから、これもいけるだろうくらいに考えていた。とめが馬鹿だった。ダメだった。

 

駄目駄目続きであれなので、最後はまぁ望みがある?ない?グレーな苗。

f:id:tome29:20160218165154j:plain

万宝

名前のせいでオットが下ネタに使う事も多かったこの苗。意外と強い?と思ったら意外と弱かった。無法タニラーは読みを外し過ぎるのがキズだ。

 

でも、茎はまだ生きている。息も絶え絶えとはこのことと言わんばかりの姿だけど、何とか生きている。

 

 

 

 

無法タニラーを公言しているが故に、あまり落ち込んだ姿は見せられないとめに愛の手を。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ほんブログ村 

 

今更感しかないが「弱虫ペダル」にはまってDVDを一気に見た。

 

でも何故だ。

シーズン1の13巻、最終話にしてインハイ2日目が完結しない。つらっ。

 

see you again!