読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無法タニラーの植物観察記

2014年8月~自宅にて多肉観察中

軽傷多肉と管理いまいちな多肉

月曜日の悪天のお陰で乾燥が和らいだ気がしたんだけど、晴天になると花粉がきつそうだ。

とめはまだ花粉症患者ではない。けれど数年中には発症するような気がしておびえている。アレルギー関連の薬は眠くなると評判なのでそのまま永眠しそうだ。まだ嫌だ。

 

 

さて、しばらく前からつぼみをつけたまま硬直しているおぼろ月。

f:id:tome29:20160301161000j:plain

この質感、あまり好きではないけれど嫌いでもないウーパールーパーのようだ。

f:id:tome29:20160301161016j:plain

本体を見ているとそんな風には思わないけれど、あからさまに’生’を感じる部分だからだろうか。

そして咲いていたのにまだ写真におさめていない。外寒くてピント合わないんだもん。

 

 

多肉を始めるきっかけにもなったパープルクイーン。

f:id:tome29:20160301161038j:plain

後にこれはデビーなのだと知ったわけだけど、初期メンバーの中では剛健な方かな。

白とびしているけれどバックのファンクイーンも同時期のメンバー。あちらは若干か弱いようだけど、パープルクイーンの方が夏場に弱いように思う。

 

七福神は葉の淵がヤラれている。

f:id:tome29:20160301161057j:plain

この苗は植え替えて鉢管理にした。

引きで見るとよくわかるかな。

f:id:tome29:20160301161113j:plain

枯葉がすごいうえに根元は元気なのに葉先のみ変色してしまっているものが結構ある。

これも夏場に若干ハゲて、冬場にはこうなる。

 

 

大和蓮が花芽らしきものを出し始めた。

f:id:tome29:20160301161134j:plain

これは紅葉が素晴らしい種類なんだけど、去年の冷害や凍死していった多肉の事を省みるあまり室内管理なので色づきは控えめ。

 

同じく紅葉が素晴らしい種類の代表格ともいえるゴールデングロー。

f:id:tome29:20160301161210j:plain

これの紅葉は半端じゃない!と思うんだけど、最低気温5度を切るか切らないかの時点でこのありさま。

変色部分が茎まで達する事がない事を祈るばかり。

 

ちなみに、朝の1時間少々は日当たりがいい場所で管理している多肉の1つでもある。

f:id:tome29:20160301161225j:plain

この写真だとメインが月影なんだけど、この透き通る葉は永遠の憧れだ。

f:id:tome29:20160301161241j:plain

おこぼれ程度の日光しか浴びていないトレレアシー。

天使の雫だっけ。可愛い名前に可愛い容姿でぴったりだなぁと思った去年。あっという間に☆になった中の1つでもある。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
ほんブログ村

 

寒さに特に弱い多肉を挙げるならばシルバーグラスやアロマティカスなどのプレクトランサスだと思うんだけど、駐輪場という極寒環境でも何とか生きている。

 

反対にそこまで弱くはないだろうという種類のものを雨ざらし環境にしておくとアウト。

霜や雨なんかにヤラれてしまうんだろうけど、うちはあまり屋根がない。いこーる、軒下環境がないのでやむなく☆になる苗も多少ある。無法タニラーも辛いぜ。

 

 

 

see you again!