無法タニラーの植物観察記

2014年8月~自宅にて多肉観察中

もらった多肉とあげたスイレンと

うちにはブログ繋がりのタニラーさんからもらった苗がいくつかある。

もしくは、あった。(過去形)

 

いくつかまとめてくれる親切な人がほとんどのため、その苗をまとめて植えるのがとめ。見失う危険性も少なくて済むし、既存の鉢よりも過保護にするためデス。

 

 

無法タニラーといえどもやはりもらった苗は大切に、蝶よ花よと育てようとするのが人間ってもん。

 

 

その中の1つ、ちびっこたち植え。

f:id:tome29:20160718102027j:plain

seriaのブリキ角鉢に植えたペンデンスをはじめとする里子ちゃんたち。

f:id:tome29:20160718102051j:plain

ブルークラウド

 

f:id:tome29:20160718102112j:plain

奥のちびはゴースティン

手前のベイビーはエレガンス

 

特に近距離のタニラーである某Nちゃんからもらった苗なんだけど、高級種や希少種、珍種なんかもくれて驚くことが間々ある。びっくりだよー。

手先の器用な人だからリメ缶なんかもくれる。それはもう素晴らしい人デス。

 

だってこんな花枯らしだと知っててくれるんだもの。やヴぁい。

 

 

こちらは叔母からもらった松葉ボタン。

f:id:tome29:20160718102202j:plain

めきめきと育つ上に何一つ世話をしていないのに開花している。

なんて剛健なんだよ。

 

同じく叔母からもらった金のなる木。

f:id:tome29:20160718102221j:plain

何やらこれに5円玉?を挿すのが主流なんだそうだけど、どこにどう挿すのかイメージも出来ないため実行には至らない。

こういう時にはグーグル先生に聞くべきなんだろう。でも、聞かない。やる気がない。つまりはそういうことです。

 

 

 

ラストは園芸など一切興味がないくせにハオルチアだけは興味を示した上に雑な植え替え、とめよりさらに杜撰管理をするオットがほしいと言ったスイレン

f:id:tome29:20160718102344j:plain

とめチョイスで仕事終わりに買って帰ったんだけど、気づいてなかった大バカたれ。

 

とここまでオットをけちょんけちょんに言っているものの、とめ自身ひどいものだとブログを読んでくれている人ならばご存じかと思います。すんません。

f:id:tome29:20160718102405j:plain

うまく咲かせればこうなるようだから、オットにはぜひとも頑張っていただきたいのだがすでに水やりを怠り水位が下がっている。

こういう場合、簡単にとめが水をやるべきか自分でやってもらうべきか激しく悩む。

 

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
ほんブログ村

 

お盆休みにとめの実家へ帰ってはどうか、と義両親より提案された。

世間一般でいうところの帰省っつーのは実家へ宿泊するのだろうが我が家ではとめたちの宿泊できるスペースがまずない。

 

それどころか車で帰省しようものなら近所にコインパーキングすら存在しないため、ありえない場所に路駐を敢行するしかない。

もしくは公共の乗り物を利用するのであれば本数がかなり少ない事、田舎のため割高な事などを考慮せねばならず1度の帰省に使う金額はお手頃とは言いがたい。

 

 

さらに決定打として、とめたちの帰省は歓迎されない。

 

 

そういった事情を義両親にするべきか否か悩むところではあるが、常識とは人の数だけ存在するもの。

とめの常識は上記のものであるが、ホテルなどに宿泊するのが通常だという人もいるはず。とめもその中の1人だし。

 

ただ、お盆休みの宿のなさは異常。

 

 

 

嗚呼、帰る場所がある人たちがうらやましい。とめにはここしかないのだから。

わが子には安心して帰れる場所というものを提供できる親でなくては…とかつての我が家を反面教師にするとめなのであった。

 

 

 

ただ1つ。

お中元やお歳暮、イベント毎にささやかながら贈り物してるのは勿論、祖父母にはわが子の写真やビデオなんかを送ってる。

 

家庭事情なんて十人十色なんだからさ。いくら義理とはいえ両親ならばそっとしておいてください。(土下座)

see you again!