無法タニラーの植物観察記

2014年8月~自宅にて多肉観察中

小田原フラワーガーデンの温室見学🌵その2

ブログランキング・にほんブログ村へ
ほんブログ村

ぽちっとよろしくどうぞ。

 

 

前回の続き。

f:id:tome29:20160814091923j:plain

前回、ほぼほぼ不死鳥と花キリンで記事が終わってしまったけれど、実際にはベンケイ草科の見慣れた多肉も植わっていた。

この写真のものが何かは忘れたのだが、タグから察するに静岡県のカクトロコさんとこの苗でしょう。関東シェア№1は欲しいままにしているんじゃないかな。

 

 

アフィニス

f:id:tome29:20160814094756j:plain

下葉の枯れ具合といい、しわ具合が我が家のものを連想させる。

著名タニラーさんのブログでこういった状態のものを見かけることが少ないため、我が家だけがかなり劣っている、劣悪な環境なのかと思っていたがそうでもない?

妙に親近感を覚えた。

 

 

レズリー

f:id:tome29:20160814094826j:plain

こちらも我が家にあるはずなのだが見当たらないので名札が落ちたか🌠になったのだと思われる。

カクトロコとは別のタグなのだが、このタグはホームセンターコメリにて見かけた。どこの生産者なのか考えるのも好き。正解がわからずともよい素朴な疑問なのがさらにいい。

 

 

ピーチプリデ

f:id:tome29:20160814094853j:plain

うちにも大き目のかぶがあったし、春先に小さめを狩り大きくしたのに毎年冬になると🌠になるピーチプリデ

 

 

ダリーダール

f:id:tome29:20160814094928j:plain

どれがダリーダールなのかと目を凝らした一角なんだけど、タグの後部の影になってしまっているあたりのが当該する苗らしい。

 

名無し

f:id:tome29:20160814095343j:plain

コチレドンだと思う。

f:id:tome29:20160814095400j:plain

かなり茎がたくましい。

 

 

ここからはサボテン、アガベ、ユーフォルビア🌵

f:id:tome29:20160814095437j:plain

これはサボテンではなくユーフォルビアじゃなかったか。

このあたり、かなり疎いので釈然としないのが悔しい。

 

ハウスの天井に届きそうなほどメキメキと成長している。

 

 

こちらもかなり大きなアガベ。 

f:id:tome29:20160814094954j:plain

これくらいのサイズのものは植物園や動物園で必ずといっていいほど見かけるのだけど、なんという名前のアガベなのだろう?

剛健そうでうらやましいし、見ていて頼もしい。我が家にも小ぶりなものが1つ欲しい。

f:id:tome29:20160814095033j:plain

刺さったら死にそうだけど。

 

 

足元を見てみると少々小さめ、でも6号鉢ほどのサイズのアガベたち。

f:id:tome29:20160814095101j:plain

手前や奥に枯れているものが見えるが、同種が枯れたものだろうか。

 

 

これ、インスタグラムにポストしたら結構好評だった吊り鉢。

f:id:tome29:20160814095133j:plain

ウッドボックスと貫禄あるサボテンが見事にマッチしている。

 

 

ここからは金鯱しか出ないかも。

f:id:tome29:20160814095158j:plain

f:id:tome29:20160814095216j:plain

ネームタグ「金鯱軍団

 

f:id:tome29:20160814095235j:plain

f:id:tome29:20160814095254j:plain

放置でここまで増えるのか、自家交配系なのかは定かではないけど✍

かなり多量に生えていた。

 

 

金のなる木

f:id:tome29:20160814095315j:plain

これの存在を初めて知ったのはホームセンターで、盆栽コーナーにあった。

だけど、色づくととても可愛らしい。

我が家では素焼きの鉢に植えて盆栽風だけどね

 

 

あとはハイビスカス🌺

f:id:tome29:20160814102939j:plain

奥に見えているつる性の植物がいい味出してるね。

 

f:id:tome29:20160811155604j:plain

長々と書いたけれど、小田原フラワーガーデンはバラや梅林、スイレンや桜なんかも有名なようだ。

 

 

 

see you again!