読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無法タニラーの植物観察記

2014年8月~自宅にて多肉観察中

カクタス広瀬に行ってきた🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
ほんブログ村 

☝ぽちっとよろしくお願いします☝

 

 

無意味に続く写真写真写真の記事となる事を先に詫びておく。

申し訳ありません。

 

というわけで、今回は写真ばかりの記事になる。

膨大な量からピックアップしていくのもいいけど、私のナンセンスなコメントなぞ不要だろう。

 

場所は下川井のカクタス広瀬

神奈川県内にお住まいのタニラーさんなら名前を聞いた、もしくはここのネームタグを目にしたこともあるかと思う。

 

 

じゃ、写真ずらずらやっていく📷

f:id:tome29:20160825125824j:plain

脱皮中

 

状態いまいちにも見えるけど、大きさはかなりのもの。

f:id:tome29:20160825130136j:plain

ここだけの話、初めてカクタス広瀬に行ったのも真夏で汚い多肉の多さに度肝を抜かれた。多肉というのは皆美しいと思っていたのだが実際に育てていくうえで「そうなるよね~」とわかったのはしばらくたってからの事。

 

名前がわからないけど大きな大きなアガベ。

f:id:tome29:20160825130153j:plain

ロックよりもヘビメタみたいな印象⚡

 

トリカラー

f:id:tome29:20160825130211j:plain

ここまで紅葉しているとかわいい。かなり。

 

暴れ具合がいい。

f:id:tome29:20160825130227j:plain

チーム剛健(`・ω・´)b

 

 

若干値段が見え隠れしているのでもしかすると後から削除するかもしれませんなpic。

f:id:tome29:20160825130253j:plain

ちなみに、写真撮影の許可はもらっています🙆

 

ハウスとハウスの間のユーフォルビア…かな。

f:id:tome29:20160825130309j:plain

なかなか立派だけど狩って持ち帰る事は難しそうだ。

 

ベビーサンローズの海🌊

f:id:tome29:20160825130330j:plain

f:id:tome29:20160825130343j:plain

こんなかわいい花を咲かせるのだと教えてくれたのはここの多肉屋さん。

マイファーストベビーサンローズもここで狩ったくらい♥

 

 

さて、これが何なのかわからないんだけど❔

f:id:tome29:20160825130404j:plain

かなり大き目だったので記念に📷

f:id:tome29:20160825130416j:plain

私の肩ほどまであるので間違いなく1メートルは越しているだろうし、足元のサボテンたちのサイズも伝わるだろうか。

 

f:id:tome29:20160825130440j:plain

オットも同行していたのだが、こんな恐ろしいもの誰が狩るんだろうか…と頭を抱えていた。

ハオルチア愛好家なのでサボテンやユーフォルビアの魅力はわからないそうだけど、ハオもサボテンもユーフォルビアも’多肉植物’である事には変わりないんじゃなかろうか。

 

 

こうした立て看板もここの魅力💘

f:id:tome29:20160825131235j:plain

このあたりの制作もスタッフさんだそうだ。

 

f:id:tome29:20160825131248j:plain

このピックはたぶん既製品だろうけど、どこから仕入れているのかまだ聞いた事はない。

雑貨を買うより多肉を買うほうがいいという強欲タニラーなのだ。

 

f:id:tome29:20160825131300j:plain

1つだけ、何か違う色の多肉がいる🌵

こういうのも可愛らしい。

 

f:id:tome29:20160825131314j:plain

地植えにされている多肉やサボテンも多くあるのだが、我が家では悲しいかな難しいのでかな羨ましく見ている。

いつか庭付きの戸建てを買えたらいい。その際は現在住んでいる家から植物を運ばなくてはならないのか…と考えただけで眩暈もしてくるが、やはり庭はあこがれる💫

 

たぶん、白樺キリン

f:id:tome29:20160825131333j:plain

数多くのタニラーさんのブログにて拝見していたこの種類。

なかなかネットショップでも、近所でも見かけなかったのだが、ここへ初めて訪れた際に狩った苗の1つでもある。

これが親かどうかはわからないけど、うちのミルクトロンも元気だよ~なんて思いながら見ていた。

 

サボテンの名前は全然わからないのだが、この光景だけで1週間は浮かれていられる。

f:id:tome29:20160825131346j:plain

姿かたち、どれも違う。

飽きが来ない。

 

 

まぁまぁの枚数になってしまったのでまた次の記事に✍

 

see you again!